2009年10月15日

念願の「自前たんぼ」

CIMG6091.JPG稲刈りを行う石川夫妻。
このNPOでたんぼの学校に入って7年目にしてようやく、念願の「自前たんぼ」を持ちました。

1から10まで全て自分でやってみたいと目を輝かせ、夏場は稗1本も見逃さないという気合の入れよう。

今年の出来もまずまずの様子。

定年後は小田原に移住でしょうか!?
posted by 事務局I at 14:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過

CIMG6060.jpg2009年10月8日(木)
台風一過。
たんぼに来てみると見事に「はさ掛け」が倒壊していました。
竹の棒を持ってそのまま掛ければ直せると思いきや、稲の重みで絶対持ち上がらない。まして雨でしめった稲はなおさらです。
ひとつずつ稲をはずして、竹を組みなおしてまたひとつずつ掛けていくしかないのです。
畑のインストラクター川添さんに手伝ってもらい、昼すぎから始めて暗くなるまで作業。
嬉しくないけど毎年の年間行事になりつつあります・・・。
posted by 事務局I at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶豆栽培は難しい!?

CIMG6097.JPGたんぼの学校メンバーの高橋家が、たんぼの転作として、昨年より茶豆栽培をしています。
今年は収穫イベントを開催しようと意気込んでいたのですが、待てども待てどもサヤに実が入らず・・・。
結局枯れてきてしまいました。

昨年は栗のようなホクホクして美味しい茶豆ができたので、今年も期待していたのですが残念!
小田原での茶豆栽培は難しいのでしょうか。
高橋家も来年のリベンジに燃えています。
posted by 事務局I at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刈払機の講習会を実施

CIMG5952.jpg2009年8月29日(土)

私たちNPOの農業体験も、年間4000人を越える交流となりました。
規模の拡大に伴い、安全管理を強化しましょうということで、先日「刈払機の講習会」を行いました。
たんぼの学校やはたけの学校の主要メンバーが集まり、学科6時間、実技1時間みっちり講義を受け、修了証を取得しました。

危険な行為、機械の手入れ方法など、素人の私たちには知らないことが多く、講義の意義を改めて実感しました。
posted by 事務局I at 13:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ブルベリー収穫体験

CIMG5929.jpg2009年8月8日・9日
ブルーベリー収穫体験を実施しました。
昨年から恒例となった「援農タイム」では、100人近くの人数で20分、8日は6kg、9日は10kg収穫できました。人数が多いとあっという間です。ちなみにプロ1人が10kg収穫するには半日以上かかります。

CIMG5890.jpg収穫後は選果体験もしてもらいました。
子どもはまるで宝探しでもするように夢中になり、取り除く果実を見つけては生産者に次々と教えてあげて大賑わいでした。



CIMG5941.JPG○×クイズは15問ほど用意してましたが、8問ほどで10人にしぼられたので、賞品としてブルーベリージャムをプレゼント! ちょっと問題が難しかったですかね〜。

午後の部は、NPO小田原食とみどり会員限定の企画を実施。
今回は、ブルーベリージャムを使った簡単ジュースづくりをしながら、参加者・生産者・スタッフ間でおしゃべりタイムを設けました。
農の学校に参加している人は普段から交流がありますが、会員さんの中には、なかなかお話する機会がない方がいらっしゃるので、今回は大変貴重な時間となりました。
CIMG5911.JPGCIMG5914.JPG

posted by 事務局I at 14:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

援農クラブ参加者より 感想が届きました!

先日から始まった、新企画「援農クラブ」の参加者より、作業後の感想が届きましたので、ご紹介いたします!

●作業内容:キウイの蔦が垂れ下がらないための針金への固定作業
●感想:
小田原の主流果実と言えばミカンですが、育てるにあたり化学肥料が不可欠で、肥料が必要なく害虫などにも強いキウイの栽培を選択したそうで、コスト面と収穫が1年に1回のみなので採算は合わないかもしれないと仰ってました。
でもその未知への挑戦に感服しました。
あと果実を育てるにあたり重要なのが受粉の問題があるようです。私も最近ハチが少なくなって農家の果実づくりに影響が出ているのは、ニュースで知っておりましたが、それ以上に切実な問題で、今やハチもレンタルしてコストをかけているようです。
余裕がない農家は、これから夏にかけて手作業でひとつずつ受粉しなければならないと少し嘆いておられました。しかしながら
私はその熱意に感動して、毎週お手伝いにくることを約束しました。また何よりもキウイが立派に実をつけるところまで、見届けたいと感じております。
posted by 事務局I at 14:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回オニオン祭を開催!

CIMG5452.jpg2009年5月10日(日)
第14回オニオン祭を開催!
前日の雨で畑がどろどろだなぁ〜と心配されましたが、通路に藁や雑草があったお陰で意外と平気、どろだらけにならずに済みました!
今年も順調に玉ねぎが育ち、良い玉の玉ねぎがごろごろ。この日は30℃を越す暑さだったにも関わらず、参加したファミリーは元気に収穫を楽しんでいる様子でした。

chochin.jpg今年は特別企画で、婦人部による「小田原ちょうちん踊り」を披露。
童謡「おさるのかごや」に登場するアレです。
踊りは結構簡単なので、来年もこの企画があったら、是非みなさんも一緒に踊ってください!!

hanbai2.jpgNPO小田原食とみどりの直売所は、ハーブの苗、たんぼの学校で作ったお米、獲れたて玉ねぎを販売。売り子さんは農の学校の参加者による有志で、子どもも大人も貴重な体験だったようです。

posted by 事務局I at 14:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

援農クラブ はじまりました

CIMG4731.jpg新企画の「援農クラブ」の活動がスタートしました。
人手を必要とする農家と援農したい人をつなぐ役割をNPO法人小田原食とみどりがいたします。
自然の中で汗を流し、農業を応援してみませんか?

箱根もすぐ近く、農作業で汗を流したあとは温泉につかって1日の疲れを癒すというプランもGOOD!
神奈川、横浜、東京の方は日帰り可能なので、空いている休日などを利用して、是非ご参加お待ちしております。

農業に興味のある方!
就農を考えている方!
農家の手助けをしたい方!

ご登録をお待ちしています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://shoku-midori.or.jp/enno_club.htm

posted by 事務局I at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

果樹の学校修了式

果樹修了式2009年3月8日(日)
果樹の学校、ファミリーコース・サポーターコースの修了式を行いました。
各コース参加者の方に代表で、活動の発表をしていただきました。
皆さんそれぞれ熱心で、栽培方法を細かく記録をしていた方、ニュージーランドまでキウイの栽培を研究しに行った方、農業、交流について熱く語ってくださった方など、お陰さまでとても貴重な時間となり、生産者の方も真剣に聞き入っていました。

果樹修了式そして参加者全員が、それぞれ担当してくれた生産者へ手紙を用意してきてくださり、読んでお渡ししました。
お子さんたちも活躍し、照れながらもしっかり感謝の気持ちを精一杯伝えていたのが、とても微笑ましかったです。

果樹修了式午後は、グラム当てクイズを行い、生産者の鈴木さんが司会を務めました。みかんとキウイの重さを当てるのですが、ぴったり当てたのはなんと2組!素晴らしいですね。果樹の学校で袋詰めを熱心にやっていたのでしょうか!? 鈴木さんの絶妙なフリで笑わせてもらい、大変盛り上がりました。

グラムが分かったところで、最後に女性生産者の田中さんが、豆知識を教えてくださり、果物は1日200g食べると生活習慣病の予防にもなり体に良いということ、お茶を入れた時、湯のみの上に埃みたいなものが浮くのが、良いお茶の証拠・・・など、なるほどと思うことばかりでした。

果樹修了式参加者の皆さんが提出してくれたレポートもそれぞれ見ごたえがありました。第二の田舎ができたみたいと喜んでいる写真が印象的でした。

修了式ということで、1年の活動は終了しましたが、是非今後も農業とのつながりを持っていただき、参加者(消費者)のみなさんと一緒に盛り上げていければと思います。
posted by 事務局I at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

耕作放棄地を田んぼへよみがえらせる企画 2回目

スロープ作り2月15日(日)
第2回目の休耕田復活作業は、スロープ作り。
トラクターの入り口が元々なかったので、土を盛って作ることにしました。
まずは、水路に溜まっている泥を取り除き、コンクリートのふたをします。その上に、前回出てきた石、運んできた土を乗せるのですが、この土がまた水分を含んでいて重い!シャベル1杯でもずしりときます。
軽トラで4回分運びましたが、男性陣は「明日は筋肉痛だなぁ〜」とつぶやいていました。
ホントお疲れ様です!
土運び土運び

スロープ隣に土が流れないようにコンパネを切って横に埋め込み、なんとか斜面をなめらかにしてほぼ完成。
次回は反対側にもコンパネを入れて、トラクターで実際通ってみて沈まないかを検証する予定。

今回も人海戦術で、あっという間にこれだけの作業ができました。みなさんの思いが1つの力となる瞬間で、本当に人の力ってすごいなと感動しました。

posted by 事務局I at 12:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。