2009年05月25日

援農クラブ参加者より 感想が届きました!

先日から始まった、新企画「援農クラブ」の参加者より、作業後の感想が届きましたので、ご紹介いたします!

●作業内容:キウイの蔦が垂れ下がらないための針金への固定作業
●感想:
小田原の主流果実と言えばミカンですが、育てるにあたり化学肥料が不可欠で、肥料が必要なく害虫などにも強いキウイの栽培を選択したそうで、コスト面と収穫が1年に1回のみなので採算は合わないかもしれないと仰ってました。
でもその未知への挑戦に感服しました。
あと果実を育てるにあたり重要なのが受粉の問題があるようです。私も最近ハチが少なくなって農家の果実づくりに影響が出ているのは、ニュースで知っておりましたが、それ以上に切実な問題で、今やハチもレンタルしてコストをかけているようです。
余裕がない農家は、これから夏にかけて手作業でひとつずつ受粉しなければならないと少し嘆いておられました。しかしながら
私はその熱意に感動して、毎週お手伝いにくることを約束しました。また何よりもキウイが立派に実をつけるところまで、見届けたいと感じております。
posted by 事務局I at 14:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。