2011年01月18日

柚子畑の復元

2010年11月23日

米神地区で手入れができなくなった柚子畑情報が入り、早速見に行ってみることに。荒れた農道、いのししに崩された石垣を除けて畑にたどりつくと、柚子の実がわんさか、たわわに実っているではありませんか!
なんとか復元しようと、たんぼやはたけの学校に参加している有志が集まり、この日は草刈と収穫を行いました。
CIMG7282.jpgCIMG7287.jpg

CIMG7290.jpg草刈といのししが転がした石を脇に戻して午前中が終了。事務局がおにぎりを持参したのですが、参加された石川さんからは豚汁、おいなりさん、江村さんからは鳩サブレの嬉しい差し入れがあり、皆の気持ちに感謝しつついただきました。
途中、いのししの鳴き声らしき「ブーブー」という音が茂みから聞こえたので、一同厳戒態勢に。用意してあったおもちゃ?のピストルを鳴らし追い払いました。(効果があったのかは分かりませんが、遭遇しなくて良かった〜!)

CIMG7295.jpg午後はいよいよ収穫作業に。
背の高い木では手を伸ばして収穫するのは難しく、1つ1つ高枝切りバサミで取っていきます。なかなか切る部分にハサミがフィットしないので、1つ取るのも時間がかなりかかります。
しかも、柚子はトゲがあると聞いていたのですが、こんなにひどいトゲだとは・・・。バラのトゲの数十倍もの大きさで、皮手袋で防護しないと手が傷だらけになってしまいます。

で、結局コンテナに5杯ぐらい収穫しましたが、A品として出荷できるのが1割、B品で2割程度。
無農薬柚子はシミと黒い斑点が出てしまうので、今後どう改善していくかが課題です。

皆で、柚子の販売法を考えていきたいね〜ということで、今後の展開に期待が膨らみました。
posted by 事務局I at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉武夫講演会『梅干しと日本人』−その文化の背景―

来る2月12日(土)、梅まつりでにぎわう「梅の里センター」に、東京農業大学名誉教授 小泉武夫先生をお呼びして講演会を行います。

小泉先生は「食の冒険家」との異名もあり、食に対する探究心にあふれ、全国で出会った食の話題を面白おかしく語ってくれます。テレビや講演会でもひっぱりだこです。

今回は、梅を題材に食材の魅力についての語りに耳を傾け、地域における食の可能性を探り、小田原の農業、商業に活力を取り戻すヒントを得る機会にしたいと考えております。

梅まつり会場では、35000本の梅がちょうど見ごろを迎えている頃、是非観梅と共に講演会を聴きにいらしてください!

■小泉武夫講演会
演題:『梅干しと日本人』−その文化の背景―
日時:2011年2月12日(土)13:00〜14:30
場所:梅の里センター(下曽我駅横)
定員:150名
参加費:1,000円
主催:JVトータルライフサービス・小田原食とみどり

下記事項をご記入の上メールにてお申込みをお願いいたします。
@お名前(複数名の場合は全員のお名前)、A郵便番号・住所、B電話番号
※タイトル「小泉武夫講演会申込み」 折り返し予約番号を通知いたします。
※先着順となりますので、お早めにお申込みください。
※参加費は当日受付にてお支払いください。
メールアドレス:info@shoku-midori.or.jp
お電話でのご予約も受付いたします。
0465-42-5321(梅の里センター)

■チラシのご案内はこちら
表面http://shoku-midori.or.jp/koizumi_omote.pdf
裏面http://shoku-midori.or.jp/koizumi_ura.pdf
posted by 事務局I at 16:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。