2009年03月10日

果樹の学校修了式

果樹修了式2009年3月8日(日)
果樹の学校、ファミリーコース・サポーターコースの修了式を行いました。
各コース参加者の方に代表で、活動の発表をしていただきました。
皆さんそれぞれ熱心で、栽培方法を細かく記録をしていた方、ニュージーランドまでキウイの栽培を研究しに行った方、農業、交流について熱く語ってくださった方など、お陰さまでとても貴重な時間となり、生産者の方も真剣に聞き入っていました。

果樹修了式そして参加者全員が、それぞれ担当してくれた生産者へ手紙を用意してきてくださり、読んでお渡ししました。
お子さんたちも活躍し、照れながらもしっかり感謝の気持ちを精一杯伝えていたのが、とても微笑ましかったです。

果樹修了式午後は、グラム当てクイズを行い、生産者の鈴木さんが司会を務めました。みかんとキウイの重さを当てるのですが、ぴったり当てたのはなんと2組!素晴らしいですね。果樹の学校で袋詰めを熱心にやっていたのでしょうか!? 鈴木さんの絶妙なフリで笑わせてもらい、大変盛り上がりました。

グラムが分かったところで、最後に女性生産者の田中さんが、豆知識を教えてくださり、果物は1日200g食べると生活習慣病の予防にもなり体に良いということ、お茶を入れた時、湯のみの上に埃みたいなものが浮くのが、良いお茶の証拠・・・など、なるほどと思うことばかりでした。

果樹修了式参加者の皆さんが提出してくれたレポートもそれぞれ見ごたえがありました。第二の田舎ができたみたいと喜んでいる写真が印象的でした。

修了式ということで、1年の活動は終了しましたが、是非今後も農業とのつながりを持っていただき、参加者(消費者)のみなさんと一緒に盛り上げていければと思います。
posted by 事務局I at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。